スッキリとした部屋と汚部屋の違い

私が20歳の時に気付いた、『スッキリとした部屋と汚部屋の違い』

各部屋にカレンダー・時計・ゴミ箱を置いているか、いないかです。

 

 

えりっ子は、20歳まで実家に住んでいて、21歳からは夫と2人暮らしをしています。

付き合い始めた当初、一人暮らしをしている夫の部屋に初めて行った時の印象は、

 

『物が少ない』

 

という衝撃!

 

なんで物が少なく感じるのか・・・それは、

 

カレンダー・時計・ゴミ箱が、各部屋に無い

 

ということに気付きました。

この3つが、家に1つずつしか無かったのです。

 

えりっ子の実家では、各部屋に3つともあるのが当たり前だったので、当初はこの感じに違和感がありました。

 

しかし、当時夫に

 

「各部屋にゴミ箱があったら、ゴミの日の前にゴミを回収する手間が増える

 

と教えられ、今ではこの習慣にならって部屋に1つずつではなく、家に1つずつしかおいていません。

 

他の部屋で出たゴミは、その部屋を出る時にリビングダイニングへ持って行って捨てるということになります。

 

ちなみに、このカレンダー・時計・ゴミ箱はリビングダイニングに置いています。

 

 

 

あなたのおうちは、どんな感じですか?(^-^)

家族構成にもよると思います。

 

現代はスマホさえ身に着けていれば、カレンダーと時計いつでも確認できるので要らなかな?と思います。

 

これが、私が気付いたスッキリとした部屋と汚部屋の違いです(^o^)

 

 

素敵な部屋というインテリア雑誌

わたしの実家は物が多くてスッキリとしない、センスのかけらもない家でした。

 

ですが、私が小さい頃の母の愛読誌は・・・

 

『素敵な部屋』

 

というインテリア雑誌。

 

10年ほど前に休刊になっているようですが、画像検索すると表紙が出てきます。

印象としては、近年のシンプル系なインテリアとはやっぱり違いますね。

「物が多いごちゃごちゃした部屋」という印象を受けます。

 

時代の違いだと思いますが、今この雑誌を見ると、とても

「素敵な部屋」

とは言えません。

 

そりゃ、この雑誌読んでたら物が溢れるわ(笑)

 

 

物が多いとなんだかイライラしませんか?

私が実家にいた時より、物が減らせているのは、持ち物が少ない夫の影響です。

もし結婚していなければ、今ごろわたしは『汚部屋』に住んでいたことでしょう。

今も気を抜くとすぐ汚部屋になりますが…(;^ω^)

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!