ダイソンのPure Hot + Cool Link を購入したので、性能をまとめました。

最近、ダイソンの「Pure Hot + Cool Link 」を買いました。感想や学んだことを口コミしたいと思います!

ダイソンの空調家電の種類

ダイソンの空調家電の種類はいろいろあってわかりにくいですが、大きく分けるとこんな感じです。

  1. 空気清浄機付ファンヒーター(空気清浄機+扇風機+ヒーター)
  2. 空気清浄機付扇風機(空気清浄機+扇風機)
  3. ファンヒーター(扇風機+ヒーター)
  4. 扇風機
  5. 加湿器

 

今回は1番目の空気清浄機付ファンヒーター=Pure Hot + Coo Link(HP03)を買ったので、この製品のことをまとめました。

Pure Hot + Cool とは?

ダイソン「Pure Hot + Cool」は、

  • 空気清浄機
  • ファンヒーター
  • 扇風機

の3つの機能が1台でできるので、季節ごとの家電の出し入れをしなくてすみます。さらに、「Pure Hot + Cool 」の製品には2種類あります。その違いは簡単。名前に”Link”がついているかついていないかです。

  1. Pure Hot + Cool Link ファンヒーター
  2. Pure Hot + Cool ファンヒーター

この2種類があるということです。

 

Linkって何?

Linkとはいったい何かというと、スマホにダイソンのアプリを入れると、リモコン代わりになり、さらに、Linkが付いていない方と比べて、機能が増えます。その機能とは、

  • オートモード
  • ナイトモード

です。オートモードとは、例えば温風モードで部屋の中を20°にする設定をして、部屋が20°に温まったら自動で運転を停止し、温度が下がると運転を再開する。という機能。エアコンに似てますね。

希望する空気の状態を設定すれば、温風モードと同じように自動で運転したり、消えたりします。

そしてナイトモードは、運転音が静かになり、LEDディスプレイが薄暗くなる機能です。

 

ダイソンLinkアプリでできること

ダイソンLinkアプリではリモコン機能に加え、

  • 空気清浄の記録(日ごと・週ごとの空気の状態など)
  • スケジュール予約(曜日と時間の予約ができる)

の機能を使うことができ、スケジュール予約の機能を使うとこんなことができます。

  • 外出先から帰宅時間に部屋を暖めておける。
  • 朝起きたときに部屋を暖めておける。

これができると、帰宅時間がわからない日も助かり、朝起きた時も寒い思いをせずに身支度ができます。

ちなみに、アプリと本体を接続するのに、我が家はスマホでWi-Fiの設定変更を要しました。設定方法が分からないときは、コールセンターに聞けばよいですが、営業時間が17:30までなのでご注意くださいね。

Pure Hot + Coolのパワー

便利な機能のあるPure Hot + Cool Linkですが、電気で動くのでガスや石油ストーブと比べるとパワーは低く、「6畳くらいの部屋を暖める用です」と電気屋さんに教えていただきました。

その他

気になるお手入れは、本体を固く絞った布でホコリを取ることと、フィルターを取り換えることです。フィルターは1日12時間使用したとすると、約1年後にフィルター交換のお知らせが本体に表示されるようになっています。フィルターは6000円くらいします。

本体の大きさは、高さ63.5㎝、直径21㎝です。

色は基本的に、ホワイト/シルバーとアイアン/ブルーの2種類で、エディオンではオリジナル限定カラーのシャンパン系の色があります。

 

では、このへんで。

***人気ブログランキング***