男性がSEIKOの腕時計をプレゼントするときのポイント

ブランドの魅力を伝えるのがポイント!

正直ね、女性はどれだけデザインが良くても、SEIKOの時計を着けたいとは思わないかもしれない。だって、名前は知っててもブランドの事は知らないから。

 

そんな女性がSEIKOの時計を身に着けたとき、自分が心地よい高揚感を感じられるか、「ずっと大切にしたい」と思えるほど気に入るかどうかは、ブランドを知って、デザインに納得して、ブランドのアイデンティティに共感して、賢さや日本らしさってところの魅力に気付くかどうかがポイント。

 

だから、SEIKOについて知らない女性にSEIKOの時計を贈るときは、魅力についてきちんと語れるかどうかが重要なのです。しかも、女性が興味が出るようなトークの仕方で( *´艸`)

 

SEIKOの魅力が女性に伝われば、海外ブランドとは違う、自分の価値を高めてくれるアイテムに気付き、歓迎されるはずです。

 

だけど、女子としては、そんな男子の話を1回聞いたくらいでは、たぶん分からないと思うので、少しお勉強しておいたほうがいいのかも。

 

男が本命の女性に着けていてほしい腕時計はSEIKO! でも女性にSEIKOをプレゼントすると痛い目にあう(・・?

女性が時計を選ぶとき一番気にするのはブランドネーム、そして、デザイン。

 

ブランドはエルメス、ロレックス、オメガなど有名ハイブランドに憧れている女性が多のかな。メーカの名前としてのSEIKOは有名だけど、安易に女性にSEIKOの腕時計をプレゼントすると痛い目にあう。理由はカンタン。SEIKOの事を知らない女子からすれば、ブランドロイヤリティが感じられないってコトですよね。

 

でも男は、なぜSEIKOを女子に身に着けてほしいのか?

 

理由は、ブランドネームや値段、見栄で選んだような時計は、男性側からすると、最後の女・本命の彼女に着けていてほしくない腕時計らしいです。そして、手のかかる女って印象になるそうです。(主人イメージですが・・)

さらに、女性と比べてファッションアイテムの少ない男性にとって腕時計とは、自分の品格や知性をあらわすといっても過言ではない重要アイテム。想い入れがちがうのだそう。

 

最愛の女が、そんな腕時計という重要アイテムをブランドネームや値段、見栄で選んでいるのは残念に思うみたいです。

 

逆に、上記に挙げたようなハイブランドではなく、日本の伝統メーカーSEIKOの腕時計をつけていると「男心が分かっているね~(*´ω`)」って思い、ついつい優しくしなくては・・・ってなるのだそう。

 

では、なぜSEIKOなのか。

他の海外ブランドだって、伝統があり、魅力的なのに。

その理由は、SEIKOの歴史にあります。

 

 

▼SEIKOの歴史についてまとめました。よろしければご覧ください(*´ω`*)

関連記事1分でわかる!腕時計メーカー・セイコーが“世界のSEIKO”と呼ばれるまでの歴史

オススメ記事1000本限定!SEIKO×BAILAコラボの腕時計が可愛い!