マイニングで報酬を得るには

現在、マイニングで報酬を得るパターンは、おもに2つ。

  1. 自分で機械を買い、マイニングをする。
  2. マイニングをしている会社に投資をする。

①に関しては、競争が激しくなり、個人でマイニングするのはほぼ不可能な状態。マイナーな暗号通貨であれば、個人で対応することが可能な通貨もあるが、競争が激しくなるにつれて、個人でのマイニングは不可能になっていく。

なので、ビットコインやイーサリアムといった主要な暗号通貨で、個人がマイニングで報酬をえようと思うのであれば、②が現実的な路線になってくる。

 

「マイニングをしている会社に投資をする」とは

複数の参加者が集まり、協力して暗号通貨をマインイングする仕組みを取り入れたサービスを、「マイニングプール」という。マイニングで得た報酬は、手数料を差し引き、参加者に分配される仕組み。

「マイニングをしている会社に投資をする」というのは、こうしたサービスを提供している会社に登録して、参加するということを意味する。

投資金額は会社によってまちまちだが、少額であれば1口600ドル程度から参加することも可能。

会社ごとのマイニングプールのシェア率を参考にして、こうしたサービスを提供している会社に投資をするとよい。

 

マイニング注意点

  • マイニングはあくまでも競争である。
  • マイニングの効率は、競争が激化していくにつれて、年々下がっていく。
  • 仕組みとリスクを理解し、自分の頭で「投資するか否か」を判断することが大切。
  • 通貨のポートフォリオを組んでおくことが重要。