ティファールの圧力鍋って良いの?豚の角煮をつくってみた!

わが家には、ティファールの圧力なべがあります。

ティファールの圧力鍋を買うと『レシピブック』がついていました。

その中の、『豚の角煮』をつくってみました(^^♪

スポンサーリンク
広告(大)




材料(4人分)

  • 豚肉(バラかたまり)400g
  • 長ネギ(青い部分)1/2本
  • しょうがの薄切り3枚
  • 水1000ml
  • ゆで汁(1回目加圧後)200ml

【A】

  • 砂糖-大さじ1
  • みりんー大さじ1
  • 酒-大さじ3
  • しょうゆー大さじ3

お好みで万能ねぎ・溶きからし適量

作り方

【高圧】

1回目ー加圧20分→急冷

2回目ー加圧10分→自然放置

  1. 豚肉はかたまりのまま圧力なべに入れ、水、長ネギ、しょうがを加え、ふたをして加圧する(1回目)。加圧終了後、急冷してふたを開ける。
  2. 肉を取り出して3~4㎝角に切り分ける。
  3. 1.のゆで汁200mlをこしてなべにもどし、2.の肉とAを加えて再度加圧する(2回目)。加圧終了後火を止め、自然放置してふたを開ける。
  4. 煮汁を肉にからめながら少し煮詰めて器に盛り、お好みで万能ねぎと溶きからしを添える。

▲1回目の加圧終了後の様子

ティファールのレシピと変えたところ

▲できあがったところ(2.の工程を忘れていたけどちゃんとできた)

1回目の加圧終了後に急冷となっていますが、急冷すると蒸気がふき出して大変なことになったことがあるので、自然放置で圧力を抜きました。

肉の量はレシピ通りにしました。

しょうがの薄切りは3枚となっていますが、3倍くらい入れました。実際に食べてみたところ、3枚では、臭みが取れないと思うので、10枚くらい入れるとちょうど良いと思いました。

肉を柔らかくしたかったので、1回目の加圧時間を20分ではなく、25分にしました。とても柔らかくて、おいしかったです!(*‘∀‘)

つくってみた感想

作っている最中は、中華料理屋さんのいい匂いがしますよ。

加圧を2回しなくてはいけませんが、材料や調理はシンプルなところがよかったです(^^)

お肉に味がしみ込んでいて、柔らかくて、とても美味しかったです♡ごはんが進みます(^^♪

2人暮らしの我が家は4Lの鍋でちょうど良いですが、圧力なべは、鍋いっぱいに具を入れて調理することができないので、1度にたくさん作りたいという方は、6Lでもいいかもしれません。

▼楽天市場

▼Amazon

***ブログランキング***


にほんブログ村 ファッションブログ おしゃれ(ファッション)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)