右利きだけど、左も使う事にしました。

スポンサーリンク
広告(大)




脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)

わたしは25歳の脊柱側弯症の右利きの専業主婦です。

脊柱側弯症とは、女性に見られることが多く、

小学校時など成長期の検診で見つかる病気です。

症状は、簡単に言うと背骨が曲がっています。

側弯症を放置したから?

なぜ今更、脊柱側弯症(以下側弯症とする)とか言い出すのかというと、
この歳までこの症状を放置していたら、

ある日突然体に痛みが走り、焦ったから。

わたしが側弯症を放置していたのは、
中1くらいの学校での検診で側弯症が見つかり
精密検査を受けた結果、軽度だったからです。

あと、子どもの時は痛みも全くありませんでした。

コルセットをまいたり、手術をしたり、
体操やストレッチ的な療法もあるようですが、まったくしてきていませんでした。

ちなみに私の背骨の曲がり方は、心臓を避けるようなカーブです。
一番よくみられるやつです。

側弯症の症状かな?

わたしの体は側弯症のせいで、まっすぐ立っているつもりでも

左肩が少し上がっていて、右側だけお腹がくびれています。

パッと見は違和感が無く軽度ですが。

写真館や卒アル用の写真を撮るときは、

カメラマンさんに「ちょっと左肩下げてね」と言われがちです。

つまり、治療をしてこなくても今まで側弯症だからといって

困ったことはほぼ無し。

ですが、成人して21~25歳にかけては事務職のデスクワークをしていた時、
仕事が終わって家に帰るまでの間、腰がピリピリと痛むことが多々ありました。

腰の痛みの原因はさまざまで、お医者さんでもわかりづらいと聞きます。
もしかしたら、この若さで腰が痛かった原因の1つは側弯症だったんじゃないかと
今は思います。

運動後、背中に走った痛み

本題の、体に痛みが走った話にうつります。
2日前の夕方、夫と一緒にウォーキングとランニングをしました。

普段わたしは軽いウォーキングをする程度で、しんどい運動はしていなかったので、
その日の夫レベルの運動は、ハードに感じました。

運動の後、お風呂に入って夕飯の支度をしているころから、体かとてもだるくなって、
イスに座ると右側の腰骨~背中にかけて違和感がありました。

次の日起きると、違和感は痛みに変わっていました。

ストレッチをするように上半身を右に倒すと背中に痛みが走り、
筋肉痛かな?とも思いましたが、神経も痛む感じ。

ググってみると、肝臓が悪いとか、臓器系の病気を疑う記事が多かったですが、
私はお酒をがぶ飲みしたり、めちゃくちゃ悪い生活習慣はしていないので、
違うだろ・・・ということになり・・・

体の左右のバランス

適当にストレッチをしていたら、夫が右の背中の筋肉が盛り上がっている事や
ストレッチの体制にもかかわらず、左右の体のバランスが悪すぎなことに気付いてくれました。

結婚していてよかった事リスト入り決定(笑)※そんなリストは作っていません。

左側半身が使えていないから運動した時右側ばかりに負荷がかかって
痛くなってしまったんじゃないか。
と仮説を立てました。

そして、すぐさまサッカーボールを買い、
左だけでボールを蹴ってパスをするというオリジナルのリハビリをしました。

ストレッチだと、すぐ飽きてしまいますが、
ボール蹴りだと、結構できますね。

家に帰って来てからも、お風呂掃除をするとき、ドライヤーをかける時など、
左手をちょっとずつ使うようにしました。

そして、夜普通に寝て、起きたらなんと、背中の痛みが無くなっていたのです!!

やっぱり、右半身の使い過ぎ、左側の使わなさすぎが原因だったのかなと思いました。

左手を使うと・・・

左半身をわざと使うと、左手の不器用さ、右手との圧倒的な差に気付かされるんですよね。

感覚としたら、右手は指の先まで神経が通っていて、しっかりしているのでなんでもテキパキできるし力が入る。

一方、左手は指の第一関節から上は神経が通っていない感じで、力が入らず、テキパキ動かない。

ヤバいなって思いますよ。

なぜ側弯症になるの?

ところで、側弯症って何が原因か、私が子供のころはハッキリしてなかったんですが、
今調べてみても、『原因はさまざま』とか、『不明』とかいうサイトが多いです。

ただ単に、運動不足とか、姿勢が悪かったとか、
かばんを片方だけで持ってたからとかじゃないみたいです。

でも、側弯症は一旦、置いておいたとして、
日常生活で片側ばかり使うより、両方まんべんなく使った方がよさそうですよね。

もし、両利きになったらなったで、便利ですしね(^^)/

※私が痛み改善の為にやったことは、医学的根拠はありません。痛みのあるかたは、医師に相談する事をお勧めします。

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)




シェアする