風邪のひきはじめに対処する漢方薬は1つじゃない

どうも~えりっ子です。11月なのにめっちゃ寒いですね!

風邪をひくと周りの人にうつして迷惑をかけてしまうし、

自分もしんどいので、予防が大切!

でも、目の前にいる人が風邪をひいていると、防ぎようが無くて

「自分に風邪うつったかもッ!(´Д`)」

ということありますよね。

風邪の初期段階で漢方薬に頼のが良いというのは、有名な話ですが、

昨晩、『林修の今でしょ!講座』という番組で、

風邪の初期に飲む漢方は1種類ではない!

ということを紹介していました。

風邪の初期に飲むとよい漢方は、

葛根湯(かっこんとう)だけだと思っていたので、ビックリ!\(◎o◎)/

自分の体格に合わせて漢方薬を飲むと良いそうですよ~。

スポンサーリンク
広告(大)




風邪のひき始めに、自分の体格に合わせて漢方薬を飲む

★がっちり体系の方→麻黄湯(まおうとう)

★中肉中背~ちょいがっちり体系の方→葛根湯(かっこんとう)

★中肉中背~ちょい細めの方→麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

★お年寄り→桂枝湯(けいしとう)

これから寒さが増す中、年末のイベントで外出する機会も増えると思うので、

おうちに自分に合った漢方を常備しておくと安心かもしれませんね(^^)/

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)