3000円投資生活をはじめるか検討中①

こんにちわ!えりっ子です。

以前、「はじめての人のための3000円投資生活」という本を読みました。

まだ、投資をスタートできていません。

もしスタートするなら、来月(2018年1月)からしたいな~と思い、はじめるかどうか検討する事にしました。

スポンサーリンク
広告(大)




3000円投資の盲点・リスク

3000円投資生活の本の内容は、月3000円という少額からインデックスファンドに投資する事でリスクを減らし、長い間ほったらかしにする事で資産を増やすという事がおすすめされています。

3000円投資について、

『安全性が高く、銀行預金より良い利回り』

という記述もあります。

そのため、3000円投資のリスクについてはほとんど記述がありません。

それだけ3000円投資の方法に自信があるから、このファンドがおすすめ!と書けたり、本が出せたりするのだとは思いますが・・・

投資は、お金を増やすためにするものですが、元本は保証されていません。

元本が減るの嫌ですよね。

このへんを著者である、横山さんはどうお考えなのか、まとめてみました。

 インデックスファンドは、市場と同じような動きをする事ことを目指して作らてれいますから、良くも悪くも、価格はこの動きの影響を確実に受けます。

 そして市場は不規則に暴落しますから、図にあるような暴落が起これば、インデックスファンドですら大きく値下がりします。

 しかし過去の動きを見ると、たとえ暴落しても、やがて市場は回復し、暴落時の影響を吸収したうえで、右肩上がりの成長をしています。

 ざっくりとではありますが、暴落後、回復してくるまでの期間は、短くて3年、長くて10年ほど見ておく必要があります。運用する際には、その回復までの期間を見込んでおかなければなりませんが、逆に、それさえ考慮していれば、問題はないともいえます。

 私自身もインデックスファンドで資産を運用していますが、注意しているのはこの点だけ。恐慌が起きても、回復までの期間を長めにとらえて運用するつもりです。

POINT:バランス投資信託やインデックスファンドにも「欠点」はるが、一番合理的な投資方法であることは間違いない。

貯金とは別の余裕資金でやりましょう。講座にお金を寝かせていても1円も増える事はないのだから、はじめてみましょう。

そう言われてしまうと、はじめてみたくなりますが、もう少し投資について勉強しつつ検討したいと思います(^_^)/

では、ごきげんよう♡



自己啓発関連、夢をかなえ成功するための本

自己啓発、自己開発、自己改革、能力開発

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)