日用品費を節約するコツと安いモノを探す方法

ご訪問ありがとうございます♡ 家計管理初心者のえりっ子です(*^o^*)

3ヶ月間家計簿をつけ、節約生活を実践してきました。

今日は、私が気づいた日用品費の節約のコツについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告(大)




日用品のストックは把握できる量で!

安いからといって収納に困るほどたくさん買ってしまうと、どの品のストックがいくつ残っているか把握しにくくなるため、私が買いだめをするのは4~5つまでにしています。

そして、ストックが残り1つになった頃に、安いお店を探して買いに行きます。

『切れちゃったから』と、慌てて買いに行って高いモノ買うことが一番損ですからね。

『買いだめしておくと、お金が貯まらない体質になる』

なんてことをよく耳にしますが、安いときに自分が管理できる量を買いだめしておくのが良いと思います。

チラシはネットでチェックできる

日用品が安いお店を探すためにどうしたかというと、チラシを見比べて安いお店を探したんです。

Shufoo!(シュフー)のチラシ(ちらし)では、見たい地域のスーパー、ドラッグ、ホームセンター、家電、ファッションのお店の特売、セール、バーゲン、クーポン、キャンペーン、初売、福袋情報がいち早く手に入る!Shufoo!(しゅふー)の広告では、街のお買い物に役立つお得情報が満載。

こちらのサイトで、自宅周辺のお店のチラシを探して見ることができます。

実際にまったく同じ食器洗剤を、ドラッグストアAとホームセンターBで比べたら、ホームセンターBの方が121円も安かったんです( ゚Д゚)!!ちなみに比べた食器洗剤は『JOY詰替え用770ml』。

5本買ったとしたら、121円×5本=605円も差が出るんですよ!!

そのホームセンターは、他の日用品も他店より安かったので、↑のサイトで★をクリックしてお気に入り登録しました♡ちなみに、カインズホームです(‘ω’)ノ

節約する気力が無かった共働き時代

私がフルタイムの共働きだったときは、新聞を取っておらず、ネットでチラシをチェックする気力も湧きませんでした。

日用品は、帰宅ルートにあるお店で仕方なく買ったり、休日に食料品のまとめ買いに行ったスーパーの近くのドラッグストアで買ったり・・・

共働きだと、子どもがいなくて特別な借金も無ければお金は勝手にたまっていくんです。

だから、心身ともに疲れているのにわざわざチマチマと節約する気力が生まれませんでした。

でも節約はできるところでしなければ確実に損をしているし、せっかく頑張って働いて得たお金なんだから、疲れた心身を癒すことや貯蓄関係に使ったりと、大切に使いたい。

それが共働き時代にできていれば、働いてお金を稼ぐ良い意味づけが少しでもできたんだろうな~と思います(>_<)

賢い方はそれが出来ているのでしょうね(*´ω`)

さいごに

日用品費というとティッシュや洗剤、シャンプーなど食品に続く、生活必需品!

使った分は無くなってしまう消耗品なので、特にお金をかけたくない部分ですよね(´-ω-`)

そんな日用品費を節約するには、ドバドバ使わず、必要最小限になるように心がけも大事ですがさらに節約するにはやっぱり、安い物を買うことです(^-^)/

チラシを見比べるのは、同じ商品でもサイズ違いがあったりして、チマチマとした作業になりますが、宝探しをする感覚でぜひトライしてみてください!

**ブログ村トラコミュ**
◇家計簿*お金事情*◇

家計簿みせて♪
ブログ家計簿で節約生活

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)




シェアする